exileのthe secondメンバーカラーを公開!ファンはこの時を待っていた!


yjimage-49

EXILEの意思を受け継ぐ者たちとして
デビューしてから数年後にはEXILEの
メンバーして頑張ってきた彼らだが、
個々で活動しているのとは別で新たな
プロジェクトが動き出そうとしていた
ことでこのことが以前は伏せられていた
のです。
しかし、この伏せられていたことから
早2年たった今!the secondは色々な
曲を出したあとに再びデビューする
ことになったのです。

スポンサードリンク

 

 

新生(二代目)JSB時代

yjimage-47

彼らはEXILEのTAKAHIROさんと同じ
年にオーディションに受けたメンバー
もいるとして有名なことなのですが、
はじめからEXILEのメンバーとして
活躍していたわけではありません。
本来ならTAKHIROさんが受かったあの
オーディションから去ることを決意して
いたことでしょう。
しかし、EXILEをここまで大きくした
HIROさんはもっと遠くのことを
見ていたのです。
それは、自分たちがたちあげた時と
同じJSBを作りたい!
このことが頭に浮んでいたのでしょう。
そのため、ボーカルバトルオーディションで
審査を合格したメンバーの何名かには
EXPG校に入ることを勧めていたのです。
そして、苦労などを乗り越えて誕生したのが
二代目JSBでした。
彼らは、2007年にデビューを果たし
その声やパフォーマンスが世間に認められ
ことで、わずか二年という幕でEXILEの
メンバーとして吸収されて活動に終止符を
打つきっかけになったのです。

 

スポンサードリンク

 

このときに、彼らは歌って踊れる特集な
体制をとったことはのちにEXILEの意思を受け継ぐ
ユニットに教えられてきました。
彼の後に続く
三代目JSBはもちろんですが、ほかにも
E-girls、GENERATIONSやRAMPAGEも
この体制を維持した状態になります。
そんな若い世代の先頭の顔になった
二代目JSBは(J Soul Brothers)で
アルバムのオリコンチャートで1位を
獲得するなどして実力を伸ばし続けて
きたのです。

 

 

新体制のメンバー

yjimage-48

二代目JSBでの活躍は二年だったものの
世間の人たちに大きな衝撃を与えたのは
いうまでもありません。
そんな彼は6年間EXILEのメンバーとして
活動を続けていたのですが、色々なユニット
が誕生するなかで自分たちも何かアクションを
起こしたいと感じたのでしょう。
しかし、知っている人もいるかもしれませんが、
かくユニットでは、色々な役割に近い状態で
活動していることが多いです!
バラードを中心にしているユニットや
ポップな感じといったようにユニットで
それぞれ色々な特徴をもっているのですが、
一度、終始を打った二代目JSBが新しく
活動をスタートさせるのには、とても苦労する
のではないかとまで言われていたのです。

メンバーたちの情報を色々知りたい!
→exile the second メンバー紹介 

 

 

実は、メンバーたちも色々な考えをもっていた!
今となってはデビューをしてEXILE THE SECOND
として活動していますが、やはりデビューするまでは
不安の連続だったそうなのです。
どんな曲作りでせめていこうか、自分たちにできる
ことといったらなんだ?なんてことをメンバーたち
でたくさん話し合いをした結果!
自分たちはステージさえも作れるような
ユニットになろうということに決まったそうなのです。
基本的に制作をするチームが会社にはいて
ユニットにあった企画を社長であるHIROさんに提案
していくそうなのですが、それさえも自分たちで
行っていこうという流れになったみたいで、
この企画はいままでにないことだったので
それがexile the secondのメンバーたちにもピンと
きたみたいで、新しく動き出すことにワクワク
したそうだったのです。
そして、気になるメンバーカラーとなっているのですが、
ネットなどで色々調べてみると
緑色が馴染んでいると推測していいのかもしれません。

 

 

yjimage-46

今はどうしてないの?
そもそもメンバーカラーって何?と疑問に
思っている人もいるかもしれません。
彼ら二代目JSBが活用して時代のときには
それぞれ色があったのです。
SHOKICHIさんは赤といったように
NESMITHさんはオレンジで
パフォーマーは
KINCHIさんが紫でKIJIさんが水色
NAOTOさんが青でNAOKIさんが緑といったように
戦隊者にたとえてもらったほうが
いいかもしれませんね!

 

 

exile the secondのメンバーたちには
メンバーカラーは存在していないのですが、
一部のファンの間ではいまでもメンバーカラーで
呼び合っていることが多々あるそうです。
また、ライブなども度々行われているので
2018年のexile the secondはなにか
起こるかもしれないので期待しておくように
しましょう。


スポンサードリンク