三代目J soulBrothersとE-girlsが週刊EXILEで過去情報

 

三代目J soulBrothersが(初の単独ドームツアーのDVDを)2016年12月16日に発売されたことに関しての情報をいまらさ?なんてことになるのですが、紹介してけたらいいな~と思い話をしていきたいと感じております。そして、E-girls今はチームが編成してしまいましたが、過去におきたときの話などもしていけたらいいです。今回の内容は2016年度の週刊EXILEの情報となりますので、ご了承ください!!

 
スポンサードリンク

まず、2016年12月16日にLIVEDVDが発売されましたね!
(三代目J soul Brothers)
LIVE TOUR 2015「BLUE PLANET」
ドームの一番初めの曲として紹介されていたのが、
「O.R,I.O.N」となります。この曲を聞くたびに
ドームツアーで初めての時を思い出させてくれると
今市さんがおしゃっていました。さらに、コール&レスポンスに
ジャンプした思い出があり、大好きな曲の一つとして
紹介されていました。自分たちの夢だったドームツアーが
かなったことで、このときのライブDVDはとても貴重な1枚と
なるのではないでしょうか!

 
スポンサードリンク

 

「O.R,I.O.N」の他にも、
「STORM RIDERS feat, SLASH」
「SO RIGHT」
「Go my way」
「Eeny. meeny, miny, moe!」
「花火」
「C.O,S.M.O,S ~秋桜~」
「Link」この曲に関しては、登坂さんが
はじめて、作詞を行っただけでなく一人で
歌うといった、とても緊張感が伝わってくるような
映像となっていました。
登坂さん自身もすごいプレッシャーを感じていたと
語っていました。


また、この曲でドームに足を運んでくれたファンの
皆さんに伝わってほしいと思う気持ちで、歌ったらしいです。
「All LOVE」この曲は今市さんがソロで歌った曲です。
さらに、今市さんが歌詞を書いて、歌ったと曲です。
歌詞にこだわったのはもちろんですが、照明やバックステージの映像などにもこだわった作品となっているそうです。
「PLAY THAT」これはPKCZさんが参加してファンの皆さんと
一緒に盛り上がった曲の一つとなっていたそうです。
「S.A.K.U.R.A」も同じくPKCZさんが加わっています。
「Powder Snow~永遠に終わらない冬~」今市さんがピアノを弾いて
登坂さんが歌っていたのが、印象に残っていますね!
「冬物語」
「PRIDE」
「Simmer Madness feat, Afrojack」この曲は、航空会社のCMで
使用されていたのが、自分の印象の中では残っている感じに
なりますね。
「LET’S PARTY」
「(YOU SHINE)THE WORLD」
「銀河鉄道999(三代目 J soulBrothers)」
「君の瞳に恋してる-Can’t Take My Eyes Off You-」
「R.Y.U.S.E.I」
「The Dance in BLUE PLANET」
「J.S.B DREAN」
「starting over」

振り返りという形で、2016年版のDVDを見ると
やはり、初めてのことで緊張はしているんだな~
ってことがびりびり伝わってくるような感じで
とても感動しますよね!
多分、今三代目さんたちがこのDVDを見直して
メンバー内であの時は、みたいな話が聞けたら
とても面白んではないかな~と思ったりもして
います。

 

 

 

E-girlsの2016年度の情報

2016年のときといえば、メンバーがとても多い時期になっていた
だけでなく、毎日が忙しくひたすら走り続けるしかない!みたいな
内容が色々と紹介されていましたね!
今だから紹介して、あ~たしかにあの時期か~なんて思ってもらえたら
うれしいと感じていますね。
三代目さんが単独のドームツアーの紹介がおこなわれているころに
E-girlsの皆さんは、「Merry X Merry Xmas★」を12月23日を発売して
いました。このときは、彼女たちがサンタモデルのような格好をして
歌ってくれていました。
とてもかわいいメンバーたちの映像を見れたので、E-girlsファンからすると素敵なクリスマスの思い出をプレゼントしてもらえた年となっていた
ことでしょう。
さて、この時期にはE-girlsへあこがれた人たちが応募している時期が
多かったかもしれません。今も多いと思いますが、テレビなどでの出演
昔よりは少し減ったという感じはしますね!というよりもメンバーでの
案内よりも個人個人でしっかりとE-girlsを売り込みながら自分も覚えて
もらいたい!というような案内を感じとれますね。

 

また、2015年に一度、RabbitsというチームがE-girlsが外された形を
とられていました。これには色々と事情があったことでしょう。
しかし、夢をもった人たちががんばれば、E-girlsに入れるということを
武部柚那さんがぶち破ってくれたのもこの時期だったのです。
多分、E-girlsのメンバーたちも2016年のこの時期にこんなことがあった!
と思い出してもらえることかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*